自覚症状がない人こそ危ない忍びよるうつ病
女性

通院のしやすさは重要

仕事が忙しい人でも定期的に相談ができるように、夜遅くまで診察を行っている病院を頼る事を意識してください。新型うつ病に関する相談をした際に、医師がどれだけ親身になって対応をしてくれるか確かめておく事も重要です。

聴診器

病院の選び方が重要

新型うつ病の治療は医薬品ばかりに頼るのではなく、いくつかの治療法を試してくれる病院を頼ってみてください。整体やアロマテラピーなども活用して、新型うつ病の治療を行っている病院も増えてきており、心と身体をケアしてもらえます。

症状に合う薬の選び方

看護師

脳内物質の伝達を改善

うつ病のように精神的な活力が無くなってしまい、仕事や勉強のやる気が薄れてしまう事に悩んでいる人は、脳内物質の伝達に問題が出ている可能性もあります。精神的にショックな出来事が続いたせいで、うつ病の症状に苦しむようになったと原因を決め付けずに、まずは病院で検査を受けてみる事が重要です。新型うつ病などは仕事などのやる気が無くなるだけでなく、他人のちょっとした言葉にも傷付くようになったり、パニック発作が起きてしまう場合もあります。脳内物質の伝達の異常による、精神面の変化にいち早く気付くためにも、精密な検査を行ってくれる病院を頼るようにしてください。検査を受ける事で自分が新型うつ病を発症していると分かった際には、三環系抗うつ薬やSSRIなどの医薬品を処方してもらう事になります。三環系抗うつ薬はノルアドレナリンやセロトニンなどの、脳内物質の働きを改善してくれるために、やる気が出ない状況を短期間で改善できる可能性もあります。パニック発作を抑える効果が期待できるのも、三環系抗うつ薬の特徴の一つで、すぐにパニックになってしまうタイプの新型うつ病に悩んでいる人にも最適です。ただしアセチルコリンの働きを弱めてしまうために、便秘や排尿障害などの副作用が起きたり、動悸が気になってしまう場合もありますから注意をしてください。新型うつ病に苦しんでいる人は、セロトニンという脳内物質が上手く作用せず、ドーパミンやノルアドレナリンのせいで興奮状態が続いてしまう事も多いです。興奮状態を抑える事ができなくなり、怒りや悲しみばかりが芽生えてくるようになって、仕事を続ける事ができないという人も少なくありません。その状態に対処するために開発されたのが、セロトニンの量を安定させる効果が期待できるSSRIという医薬品です。選択的セロトニン再取り込み阻害薬とも呼ばれており、神経細胞から放出されたセロトニンが、元の細胞に再び取り込まれてしまう現象を防いでくれます。三環系抗うつ薬の方が、パニック発作を抑える効果は大きい場合もあるのですが、SSRIは便秘や排尿障害や動機などの副作用が起きにくいです。自身の症状に合わせながら、処方する医薬品を変更してくれる病院を頼って、新型うつ病に立ち向かってみてください。

男性

若い人に多くなっている

新型うつ病は若い人に多くなってきています。一見、うつ病の軽い症状という状態に感じられるものです。また、周りに誤解されることが多くなるような症状が出てくるので、人間関係や学校、会社などに支障が出ることもあります。

男の人

主な症状を知っておこう

新型うつ病は、仕事や学校に行く前には気分が優れない人が多く、職場でもミスをしやすくなります。自分の趣味やレジャーを楽しむ時は、普段通り活動ができるので、周囲に人には怠けていると誤解されやすい病気です。

病院

治療方はかなり多くある

新型うつ病の治療は、周りの理解と十分な休息、原因の徹底排除、栄養の偏りの改善が大切になってきます。多くの種類の行動療法も有効で、現在はかなりの数の患者さんが優れた行動療法の治療を受けています。物事の受け止め方の改善が主な内容になります。

おすすめ関連サイト

  • うつ病サプリ

    新型うつ病ってご存じでしょうか?現代に多いうつ病なので要注意です。どんな種類があるのか気になるならクリックしよう。
  • うつアカデミー

    新型うつ病に関する情報が知りたいならサイトをクリック!ほかにもうつ病治療の効率的に進める方法なども載っていますよ。